六甲山の冬の風物詩「氷の切り出し」

六甲山の風物詩である「氷の切り出し」が

2018年1月20日(土)の大寒の日におこなわれます。

「氷の切り出し」とは

自然体感展望台 六甲枝垂れ東側に位置する「氷棚」に出来た

天然の氷を毎年大寒の日に切り出し「氷室(ひむろ)」に氷を運び入れることを言います。

この氷は夏まで貯蔵し夏の冷風体験に利用するためだそうです。

通常、氷を貯蔵する「氷室」は一般公開していませんが

1月20日(土)10:00~14:00に限り特別公開されます!!

池に張った氷を切り出す作業なんて、なかなか都会では見れない

ので、この機会にぜひ。

たった1日のみの公開なんて貴重ですよね。